失敗知らずの敷布団、雲のやすらぎのデメリット・・・!?

雲の安らぎ,デメリット

 

失敗知らずの敷布団と名高い雲のやすらぎ。
布団選びで迷っている方には是非おすすめしたい敷布団です!
しかしそれでも
「雲のやすらぎは失敗だったなあ」と感じる方がいることを
ご存知ですか?
そのような方は雲のやすらぎのどのようなところに
不満を抱いたのでしょうか。
購入前に知っておきたいですよね。
そこで今回は実際に購入した方々の意見を参考に、
雲のやすらぎの失敗ポイントを検証してみました。
是非参考にしてくださいね!

 

【雲のやすらぎの失敗ポイントとは!?】

 

《布団の重さ・厚さ》

 

雲のやすらぎの一番の特徴と言えばこだわりの寝心地。
それを実現しているのがその驚きの厚みと重さです。
快適に使っていただくためには、
定期的な天日干しが大切なのですが、
この厚みと重さでは、ベランダまで移動するのも一苦労。
毎日の上げ下ろしも大変ですね。
このように、天日干しや収納が大変という理由から
雲のやすらぎは失敗だと感じる方が多いようです。

 

《敷きっぱなしはダメ!》

 

上記のような理由から、雲のやすらぎを敷きっぱなしにする
という方もいらっしゃるようなんですが・・・。

 

そこで問題になってしまうのが、
雲のやすらぎの機能の1つである
その抜群の通気性。
布団の中に溜まる湿気を
どんどん外に逃がしてくれる構造になっていて、
そのおかげで心地よく眠れるのですが、
敷きっぱなしにしてしまうとこの魅力が逆効果。
出て行った湿気がフローリングや畳へと染み込んでしまい、
カビが生える原因になってしまうのです。
このことで、雲のやすらぎは使い勝手の良くない敷布団だと
感じる方がいたようなんです。

 

でも大丈夫。きちんと対策をすれば、
快適に使っていただけます!

 

ポイントはベッドで使うこと!
まず、ベッドならば毎日布団を片づける心配がありません。
そして、そのまま布団干しになるタイプのベッドを使えば、
天日干しもラクラク!
もちろん、床に湿気がこもってしまうこともありません!

 

雲のやすらぎで失敗をしないコツは、
購入前にデメリットをチェックして、
その対策をとっておくことなんです!